Untitled 憲法の生存権の中に総ての国民は健康で文

Untitled 憲法の生存権の中に総ての国民は健康で文。底上げのはなしをするならわかりますが、底割れさせる、引き下げるのは反対ですよ。【保存用】初心者でも1週間で憲法の生存権の中に総ての国民は健康で文化的な最低限度の???とありますが生活保護の処遇で文化的な生活が送れると思いますかが作れちゃうお坊さんがすごい件。憲法の生存権の中に「総ての国民は、健康で文化的な最低限度の???」とありますが、生活保護の処遇で、文化的な生活が送れると思いますか いま。すべて国民は。健康で文化的な最低限度の生活を営む権利を有する。 国は。
すべての生活部面について。社会福祉。社会保障及び公衆衛生の向上及び増進に
努めなければならない 生存権を保障する条 憲法条項は。すべての国民に
「Untitled。生存権の法的性格 生存権の享有主体と平等原則 社会福祉。社会保障。公衆
衛生の向上 論説 生活保護法 生活保護日本国憲法は。「すべて国民
は。健康で文化的な最低限度の生活を営む権利を有する」日本国憲法二五条一項柏木ハルコ『健康で文化的な最低限度の生活』。中の『健康で文化的な最低限度の生活』。 タイトルは。日本国憲法第条の「
すべて国民は。健康で文化的な最低限度の生活を営む権利を有する」にちなんだ
もの。「生存権」を規定したこの条文は。生活保護制度の根拠となっている。

憲法第25条生存権。第条 すべて国民は。健康で文化的な最低限度の生活を営む権利を有する。 国
は。すべての生活部面について。社会福祉。社会保障及び公衆衛生の向上及び
増進に努めなければならない。 憲法条は生存権の保障について

底上げのはなしをするならわかりますが、底割れさせる、引き下げるのは反対ですよ。最低限の生活水準を向上させることが国の義務でしょう。下げるのは違法と思う。もっと上げろ、どんどん上げろ。最賃とか児童手当とか教育の無償化とか水道とか公共料金とか。いろいろある。底上げ、底上げ。これで格差是正するし、底が上がれば社会不安が緩和する。殺伐としなくなる。治安にもいい月12万で文化的な生活とは言えないな、最低20なら文化的かな生活保護の金額は、どんどん減額されています。文化的な生活を送るのは、これから厳しくなりそうです。憲法25条1項はすべての国民が健康で文化的な最低限度の生活を営み得るように国政を運営すべきことを国の責務として宣言したにとどまり、直接個々の国民に具体的権利を賦与したものではない最高裁の判例にあります。国民一人一人に生存権があるわけではないので関係ないですね。最低限度がどのくらいかと言うのは議論の余地があるでしょう、個人個人で感覚は違います。間違っちゃいけないのは「働かない奴が」という日本人の生活保護者に対する言い方が外国人を不法にこの制度を悪用させる原因にもなってる事をもっと認識するべきです。私は日本人は全員そのサービスを受ける権利がある???これでいいと思っています。じゃないと不要に根拠を必要に要求され「日本人が受けられず外国人が簡単に受けられる」日本人差別的な制度になってしまうし現状そうなっています。これはひとえに「日本人に厳しすぎる同胞に対する嫉妬心が産んだ歪んだ形と言えます。パチンコに行けるそうですから文化的すぎるくらいだと思います。思います。まぁ働きもしない連中に、憲法を主張してほしくないですよね笑

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です