1からわかる 香港で何故デモが起きたのですか

1からわかる 香港で何故デモが起きたのですか。中国人大学生です。【保存版】香港で何故デモが起きたのですかの第一志望受かったけどやっぱり素人死ね(削除)。香港で何故デモが起きたのですか 目的は 教えてください 1からわかる。ニュース 日本から近くて。夜景がキレイで。旅行に行く人も大勢いる。
そんなイメージの香港ですが。このところ。政府への抗議活動が続き。収まる
政府があったらそれはもう国ではないのですか?最近の抗議活動は。突然起き
たのではなく。これまでの流れがあったということなんですね。香港デモ。犯罪容疑者の身柄を中国本土へ送ることを可能にする「逃亡犯条例」改正案を
めぐり。香港で大規模な抗議行動が起きた。規模こそ縮小したが。デモはなお
散発的に続き。警察との衝突も常態化している。どんな背景があ…香港に異変?反中国政府デモに人が集まらない?その理由。だが最近は人が集まらず。抗議運動を取りやめるケースも出てきた。香港居住権
をもつ在英ジャーナリストのさかいもとみ氏は「生活に余裕のない貧困層
にとっては民主化よりも生活が大事

香港で何故デモが起きたのですかを短期間で月間97万PVにする方法を公開します ニートの56個の戦略。香港でなぜ大規模デモ。香港で日。「逃亡犯条例」改定に抗議する大規模デモが行われた。成立すれ
なぜこれほど多くの市民が抗議しているのか民主化要求運動が起きた年以来
。中国政府は断固とした姿勢をとってきた。 次は何が起きるか解説。香港で続いている抗議活動は表面上。「逃亡犯条例」の改正案に反対するものだ
。しかし何が起きているのかを知るには。数々の重要な。中には数十年前に端を
発する文脈を見ていく必要がある。香港返還20年。今年の?デモは少し例年と違った。まず。雨傘革命という激しい学生?市民
運動が起きた後の初の中国国家主席の訪問ということで。香港中の空気が
ピリピリしていた。習近平が宿泊する湾仔のホテル?グランドハイアットだけで
なく近く

香港と同じ一国二制度。マカオ立法会議会の民主派議員。蘇嘉豪そ?かごう氏28は「以後
。マカオは親中派に牛耳られた。返還前に英国が民主化を進めた香港とは違う」
と話す。 こうした歴史的背景に加え。返還前夜の状況

中国人大学生です。このデモは、まもなく日本が中国と締結する予定のこの引渡条約とまったく同じ逃犯條例を締結しようとしているからです。CCTVなど中国では多くの報道ありましたが日本では混乱さけるためメディアが報道規制中かも知れません。これは参照してください。日中犯罪人引渡条約締結交渉第6回会合の開催 | 外務省https://www.mofa.go.jp/mofaj/press/release/press4_006702.html日本との条約と違いのは、①政治犯には適用しない中日間は適用②限定された犯罪に適用中日間は多岐に適用③香港議会の議決、中国の司法の逮捕状のみではなく香港の司法の許可が必要日中はどちらかの国の逮捕状のみで引渡可能です。この逃犯條例のきっかけについてお話します。この改正案は、香港から中国本土や台湾、マカオへの逃亡犯の身柄引き渡しを認めようとするものです。香港は長らく本土からの犯罪人の逃避先にされてきた歴史があります。そのため近年では、こうした「抜け穴」をどうにかしなければならないとの議論が盛んに行われるようになっていました。そんな情勢下の2018年に潘曉穎殺人事件が起きました。画像の女性大学生が当時交際相手であった男性に殺害されました。その男性は、彼女を台湾旅行へ連れていくと誘い台湾へ行き彼女を殺害しました。その後、男性だけ香港に戻ってきました。香港の公安や台湾の公安の捜査により、様々な映像や証拠から、この男性が殺害した容疑者であると浮上しました。しかし、すでに香港に帰ってきているため香港の公安が逮捕したり香港の司法で裁くことができません。だから、この男性は、今でも殺人容疑では逮捕されていません。別のマネーロンダリング容疑で香港の公安から取り調べを受けた際、殺人を認めましたが「香港で殺害したら殺人罪になってしまうから台湾で殺害したのです。この殺人容疑では取り調べできませんよね?事実上、無罪なんですよ。」という発言から波紋が広がりました。こうした事情から、香港政府は條例草案議論を急加速させ、今回の流れに至っています。しかし、こうした殺人罪など以外の政治的、宗教的な犯罪や刑法上にない大陸の独自理論や拷問を受ける恐れがある容疑者の場合、引き渡しを阻止する安全弁を講じました。日本は民意により安全弁は不要と日本政府、警察は判断しましたが香港政府はこの安全弁を強く求めたためです。また、死刑に処される恐れがある容疑者も引き渡しされないとルールを設けました。こうした、引き渡しの対象を今回の悪質な殺人犯など重い犯罪に限定し、経済犯罪や政治犯罪については明示的に除外して、引き渡しの要件を厳しくしています。反対派は、こうした真実を語らずに條例草案のリスク部分のみを強調してデモを拡大させています。反対派の懸念も理解できますが、條例草案の必要性は高いのではないかと大陸出身の僕らは思います。実際に、反社会的な組織のほか凶悪事件の容疑者も香港に逃走してしまい指名手配されているのに、逮捕されていない件数も多いです。反対派の不安も理解できますが、こんな不正義が許されている現実も直視して、改めていくべきだと思います。今回の潘曉穎殺人事件に、今回の改正法を適用することは遡及効を禁じる中国や香港の刑法や刑事訴訟法では許されませんが、今後このような凶悪犯罪の逃げ得は許されないようになります。香港は中国からの影響を受けない自由な経済特区、という扱いのはずでしたが、近年じわじわと中国が影響力を高めてきて中国に飲み込もうとしてきました。それに香港市民が「このままでは中国に飲み込まれてしまう」と抵抗しているのですね。犯罪容疑者の中国本土への引き渡しを可能にする「逃亡犯条例」に反対するために今回のデモは始まりました。これが可決されると、香港の人のみでなく、旅行で香港に行った日本人でも中国政府から目をつけられていたら理由をつけられ逮捕され、中国本土に連れて行かれるようになります。私たち外国人にとっても危ない改正です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です