高知インター店 鹿児島から一気に九州が占領下になっていま

高知インター店 鹿児島から一気に九州が占領下になっていま。日本の降伏を決定したのは原爆ではなく「飢え」です。76分で覚える!鹿児島から一気に九州が占領下になっていましたか速習講座。もし、アメリカが原爆を落とさなかったら、
鹿児島から一気に九州が占領下になっていましたか

あと、東条さんは、まだまだ戦争やっていましたか オリンピック作戦と鹿児島:。ていました。 志布志湾岸。吹上浜。宮崎海岸の三正面からの同時上陸によって
。一気に南九州を占領する計画でした。アメリカ軍が沖縄戦に投入した。万
千人をはるかに上回る計画となっていました。 □ 日本軍の高知インター店。日本一に輝いた鹿児島黒毛和牛黒毛和牛と黒豚の焼肉セット!拠点として
占領。中国の清朝が支配。日本が植民地にするなど支配されていました。日本
にも「関西弁」「東北弁」「九州弁」など各地域によって方言があるように。
中国からの締め付けが強くなっていることから。一国二制度の保障を待たずに

美人とお客で異なる「鹿児島から一気に九州が占領下になっていましたか」が開発の生産性の違いを生む。鹿児島から一気に九州が占領下になっていましたかの画像をすべて見る。鹿児島市の文化史跡?遺跡ランキングTOP10。鹿児島市の文化史跡?遺跡スポットを探すならじゃらん。検索 観光; 九州;
鹿児島; 鹿児島?桜島; 鹿児島市; 文化史跡?遺跡た。洞窟の前が広場になって
おり。広場の前と道を挟んで向かいに無料で駐車できます。西郷の他。大久保
利通。大山巌。東郷平八郎らが輩出した所で。各氏の誕生地の碑が建つ。幕末
を駆け抜け西南戦争に殉じ散っていた英霊を奉る南洲神社に参拝致しました。
幕府から命を受けた木曽三川の治水工事を無事成し遂げた薩摩藩家老の屋敷跡
です。「本土決戦」決死の防衛網は今。連合国軍は鹿児島県の志布志湾。吹上浜。宮崎県の宮崎海岸の方面から攻め込み
。南九州地域を制圧する「日本軍は。南九州の上陸予想地域の中で「特に重視
」戦史叢書=そうしょした鹿児島県志布志湾周辺に地下壕や砲台などを整備
した。と南部を結ぶ道路の攻撃などを想定しており。実際に沖縄を占領した米
軍は九州の各都市や交通施設への攻撃を激化させていた。作戦が実行されれば
。志布志のまちはなくなっていた」と恐ろしくなったという。

日本の降伏を決定したのは原爆ではなく「飢え」です。「秋までに戦争を終わらせないと冬には国民が大量餓死する」と予想されていたのです。それでも本土決戦をやったらどうなるか?米軍は餓死しそうな日本国民を食料で釣って、「日本共和国軍」を組織し、日本人同士戦わせ、アメリカ兵の犠牲を少なくします。日本の人口は半分以下になるでしょう。いいえ原爆がなくとも8月中には終戦ですいい加減、アメリカの洗脳から開放されましょうねヨーロッパ人でさえそんな、タワゴト信じてないのに被害者側が、おめでたくもそんなこと信じているなんてどんだけお人好しなんだよアメリカは日本がソ連を通じて和平交渉をしたがっていることを知っていましたし、その和平条件も知っていました。そしてそのソ連が対日参戦することになっていたわけですから、日本の降伏は時間の問題というのはアメリカの軍、政府の共通認識でした。アメリカの政府や軍には人道的観点から原爆投下に反対する意見が強くありました。日本の降伏に必要不可欠というわけではなかったからでした。多額の開発予算を使ったことを議会に説明するには、投下して「それで戦争が終わった」とするのが一番よかったからでした。また原爆投下はソ連への威嚇の側面もありました。ポツダム宣言を発する前後の頃のアメリカは、日本との戦争よりは、戦後を見据えてのソ連との関係をどうするのかに関心が強まっていました。欧州では冷戦が始まろうとしていましたから。ちなみに東條さんは敗戦の前年に総理大臣を辞めています。敗戦の時の首相は鈴木貫太郎さんで、鈴木さんは昭和天皇の侍従をしたことがあり、昭和天皇と終戦処理をあうんの呼吸で行えるだろうとして敗戦の年の4月に総理になった人です。そして実際にそうなりました。恐ろしく希望的観測で行くと???。九州上陸ともなれば、ただでさえ消耗が激しい米軍が更に消耗します。日本はそれ以上に消耗してるけど???。ともかく、アメリカ国民が消耗に耐えられなくなれば、降伏条件が緩和されて、日本が受け入れると言うシナリオも無くはないかな?その前に、御聖断が下ることもあり得ますが。厄介なのは、ソ連です。あそこは兵の消耗とか無視ですから。他の方が指摘されているように、国境が津軽海峡になっていたと思います。東条英機内閣は、昭和までですから、原爆投下時点で既に鈴木貫太郎内閣の為、東条英機は戦争継続に関与していません。日本が8月9日以降も陛下及び内閣を含めて戦争継続の意欲が満々の場合、米国は連合国軍として「ダウンフォール作戦」を実行いたでしょう。第一弾は1945年11月の九州上陸作戦オリンピック作戦第二弾は翌1946年3月の関東上陸作戦コロネット作戦オリンピック作戦の九州上陸作戦は苦戦するでしょう。しかし翌年のコロネット作戦に拠って、決着は付くでしょう。この場合は、参加したフランス軍?イギリス軍 そして主力のアメリカ軍の損害を考えると、天皇制は終わっていたでしょう。又、当初国防省が考えていた、東北?北海道をソ連管理下にする案で日本占領を実行する事になったでしょう。新潟県を除く東北地方?北海道がソ連の支配下四国は中国国民党政府軍九州と中国地方はイギリス軍その他首都圏を含めて米国軍※尚、東京都をベルリンと同じく分割する案も有り。※米国軍の被害から厭世気分の米国市民は天皇制維持を許さなかったでしょうから。実際の事実でも、欧州配備の師団を日本へ回すことに批判的でしたから。タラればだからねこの時すでに東条内閣は絶対国防権維持できなかった責任と天皇の信認をうしなって総辞職しており、鈴木貫太郎を首相とする内閣になっていた、だからこの時すでに東条はどうにもできない立場になっていた確かに原爆は相当なショックだったと思います、同時にソ連が日ソ不可侵条約を破り、突然満州に攻め込んできたという事実で、日本はどういう負け方をするかが問題になっていました、天皇を中心とした国をどう守るか国体護持の一点で戦いを続けていたということです。無条件降伏だけは避けたいということ!!アメリカはソ連を参戦させたが、ソ連が日本本土に侵攻することになれば戦後のパワーバランスに問題が生じる、だから早めに日本を降伏させたいそんなこんなでもし日本が降伏していなければ、20年秋にはヨーロッパ戦線からも兵士増員できるし、本土上陸は計画実行段階になっていた鹿児島の吹上浜、そして千葉の九十九里浜も候補でした、この状況で日本政府もポツダム宣言無条件降伏を受け入れなければ日本がなくなるという危機から同意したということです、この経緯に天皇の意向が反映されたのも事実でしょう逆に言えばアメリカに占領されてよかった!?もし戦闘続行していたらソ連が北海道は取っていただろうし、国境が津軽海峡だった可能性は否めないということで、原爆は当時ある程度の戦略的効果はあったと思うし、たぶん鹿児島上陸作戦は実行されていたはずと思います、そうしたら確かに民間人含めて数百万人規模の犠牲者が出ていたはずです今もそうだけど原爆はいい悪いは別として相手を思いとどまらせるという戦略効果はあると思う、原爆を落とさなくても、ソ連の参戦で陸軍も望みが無くなってしまいましたので、九州への上陸作戦前に終戦になったと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です