遺伝子組み替え訴訟:カナダ農家 遺伝子組み換え種子を栽培

遺伝子組み替え訴訟:カナダ農家 遺伝子組み換え種子を栽培。安倍晋三は日本人にハエやカビを食えと言っているんだよんアメリカ「食品異物混入基準」ギョギョギョ。イラストでわかる『ぼく?遺伝子組み換え種子を栽培している畑から種が風に乗って運ばれ契約していない隣の畑で芽を出しただけで契約違反を訴えられそれどころかその芽を摘む事も特許法によって罰せられる?美人』。安倍政権って恐ろしい政権ですね モンサントが、遺伝子組み換えの特許を取得し、F1種子を世界に流通させ、農薬、除草剤とセットで販売させた
遺伝子組み換え品種は人体に影響を及ぼします

TPPの問題点は、法案の中に盛り込まれたISD条項とラチェット規定にある
ISD条項とは、被った不利益を相手国に提訴できるようになるほか、ラチェット規定とは、一度決まった事は元に戻すことができなくなる規定である

遺伝子組み換え種子を栽培している畑から、種が風に乗って運ばれ、契約していない隣の畑で芽を出しただけで、契約違反を訴えられ、それどころか、その芽を摘む事も、特許法によって罰せられる
こんなどうすることもできない事をISD条項で縛っている
TPPが恐ろしいのはここだ
そんな法案を安倍総理が他国を巻き込んで率先して推進している 法案をちゃんと理解しているのか疑問すらある

せめてもの慰みは、トランプがTPPを放棄してくれたことだ

今後TPPによって、JAが解体され、各部門が切り離しを余儀なくされれば、組合の後ろ楯を失った日本の農家は事実上廃業に追い込まれるだろう 遺伝子組み替え訴訟:カナダ農家。農地に遺伝子組み換え作物が混入したとして。大手バイオ企業の米モンサント社
から訴えられていた歳の農場主。最高裁が今回。同氏は種から利益を得てい
ないという判断もあわせて下したからだという。シュマイザー氏が訴えられ
たのも。モンサント社が特許を保有する種を。自分が栽培していた他の種と
いっしょに採取して蒔いたからだ。で利益を得るどころか。年間栽培してき
た作物の種が汚染されて台無しだ。とシュマイザー氏は主張している。

4大遺伝子組み換え種子を栽培している畑から種が風に乗って運ばれ契約していない隣の畑で芽を出しただけで契約違反を訴えられそれどころかその芽を摘む事も特許法によって罰せられるを年間10万円削るテクニック集!【裏テク】。食糧第一:遺伝子組み換え作物は第三世界の貧困と飢餓と低生産の。その結果。特にアフリカのサブ?サハラ地域のような小さな農民が住民の食糧を
栽培していたところで生産性が落ちてしまっている , 。 生産性
の低下 第三世界の農民による収穫量が少ないのは。遺伝子組み換えで除草剤耐性
をアングル:トウモロコシの種盗む中国人。しかし。先月30日にアイオワ州を訪問した米司法省の担当者は。こうした泥棒
行為を防ぐためのアドバイスを与えることができなかった。これは。した。 在
米中国大使館の朱海権報道官は。莫被告の事件についての詳細な情報を有してい
ないと述べた。莫被告は特に。遺伝子組み換えトウモロコシの複製に必要と
なる種子親を生育する畑を狙っていた。と捜査当局は指摘する。世論の反対を
受けて。中国政府は遺伝子組み換え穀物の商業栽培を禁止している。

安倍晋三は日本人にハエやカビを食えと言っているんだよんアメリカ「食品異物混入基準」ギョギョギョ!ウジ虫? ハエの卵?ネズミの毛?カビ食品に混入していてもOK レーズンに混入するハエの卵、8オンス227グラムあたり35個未満ならOK、マカロニに混入するネズミの毛、225グラムあたり4?5本未満ならOK、トマト缶詰に混入するウジ虫、500グラムあたり2匹未満ならOK……。トランプ大統領になってからどうなったか知らないのですが、米国も遺伝子組み換え食品に関しては規制をする方向で進んでいたはずです。又、?ISD条項を使えば、今でも米国企業は日本を訴える事ができます。 安倍政権とは関係ないと思います。?JAは農家のために働いていません。 農業への資金の貸し出しはほとんどやっていませんし、 農業資材はホームセンターよりも高値で売っているそうです。?その他、TPP反対派の主張には誤りが多いと思っています。以下のブログ記事でこの事について書いているので読んでいただけると嬉しいです^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です