行政不服審査法 しかし行政不服審査法4条柱書と一号には不

行政不服審査法 しかし行政不服審査法4条柱書と一号には不。①審査請求=審査庁に対する不服申立原則審査庁=処分庁の最上級行政庁例えば、県税事務所長の課税処分の審査庁は、県知事となります。【入門用】「しかし行政不服審査法4条柱書と一号には不作為庁に上級行政庁がない場合や不作為庁が主任の大臣である場合にはその不作為庁に対して審査請求をしなければならないという旨の文言が置かれていますな場所をおじいさんが決める」ということ。行政不服審査法について質問です

審査請求=処分庁以外の行政機関に対して不服を申立てるもの

再調査請求=処分庁に不服申立てをするもの

ですよね

そして、不作為に対する不 服申立ては、再調査請求は認められず、審査請求のみ可能です つまり、不作為庁に対して不服申立てをするのは不可能であり、その他の行政機関に対して不服申立てをしなければならないってことですよね

しかし、行政不服審査法4条柱書と一号には「不作為庁に上級行政庁がない場合や、不作為庁が主任の大臣である場合には、その不作為庁に対して審査請求をしなければならない」という旨の文言が置かれています

「不作為庁に対して審査請求」という点に違和感を覚えます
不作為庁(=処分庁)に対して審査請求は可能なのでしょうか
処分庁に対して行う不服申立ては再調査請求ではないのでしょうか 行政不服審査法の概要。目的第条第項; 不服申立ての種類第条?第条?第条第項?第条第
項; 審査請求をすることができる場合第法令に基づき行政庁に対し処分
についての申請をした者は。その申請から相当の期間が経過しても不作為法令
に基づく処分庁に上級行政庁がない場合処分庁が主任の大臣や外局として置
かれる庁の長等である場合を含みます。審査請求については。処分庁?不作為
庁やその上級行政庁である審査庁は。裁決で申請を拒否する処分を取り消す場合
や申請

行政不服審査法。又は不作為に係る行政庁以下「不作為庁」という。をいう。以下同じ。に
上級行政庁がない場合又は処分庁等が主任の大臣若しくは宮内庁長官若しくは
内閣府設置法平成十一年法律第八十九号第四十九条第一項若しくは第二項

①審査請求=審査庁に対する不服申立原則審査庁=処分庁の最上級行政庁例えば、県税事務所長の課税処分の審査庁は、県知事となります。例外上級庁が存在しない場合審査庁=処分庁例えば、市長の課税処分の審査庁は、市長となります。②再調査の請求=審査請求の前に行う処分庁に対する不服申立③再審査請求=審査請求の後に行う処分庁以外の行政庁に対する不服申立②③は、個別法に認める規定がある場合にのみ、不服申立が可能です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です