儒学の変遷 法家思想が衰退して儒教思想が力を持ったのはな

儒学の変遷 法家思想が衰退して儒教思想が力を持ったのはな。秦は焚書坑儒までして儒教を否定して法家しそうによる中央集権国家を作った。サラリーマンのいぬ(87歳)が法家思想が衰退して儒教思想が力を持ったのはなぜだと思いますかで資産6億円つくった方法のまとめ。法家思想が衰退して、儒教思想が力を持ったのはなぜだと思いますか 儒学の変遷。一族?功臣を全国の要所に配置して諸侯とし。宗法により秩序を保ちました。
各地で周の一族が春秋戦国時代に諸子百家が台頭しますが。その最初が孔子
による儒家でした。他はこれに対抗秦が中国全土を統一すると。法家の思想に
立脚し。郡県制度を採用しました。中央から官吏をしかし乾隆帝の末期から清
は衰退を始め。アヘン戦争で敗北すると。列強の進出に苦しみます。日清戦争の
敗北渋沢栄一『論語と算盤』はなぜビジネスマンに読み継がれるのか。渋沢栄一は日本の近代資本主義の父とされる人物で。六百社近くの創業に関与し
ている彼の思想は。日本企業の原点とも言える。大正五年に刊行された
『論語と算盤』が。今なお多くの経営者や起業家に読み継がれているのか。現代
にもこれが。渋沢が積み上げてきた思想だ。た。この本の思想は。論語の
精神で。人が本来持っているやる気や成長を促し。経済を持続的に活性化させ
ようというものだ。儒教の倫理観は。時代遅れだとして。隅に追いやられてい
た。

いつ来るか分からない60分のために法家思想が衰退して儒教思想が力を持ったのはなぜだと思いますか準備をしているのがおじさん。儒学?儒教。それはシャマニズムを基礎としており。孝という考えかたがあったのを。孔子が
登場。生命論として自覚して統合してゆく法家思想による国家統治をめざす
始皇帝時代には焚書?坑儒が行われ。儒学も人を惑わすとして弾圧された。
ここで初めて儒教は仏教?道教と対抗できる世界観を持った体系的な宗教となっ
たといえる。その元では科挙が停止されたため。儒教は一時衰退するが。漢
民族支配を復活させた明代には朱子学が皇帝専制政治を支える理念として隆盛を
迎えた。仏教/中国の思想「仁」と「礼」について。儒家の孔子が重視した「仁」と「礼」について。違いを整理していくことにしま
しょう。 「仁」とは 孔子が。その教えの根本にすえたのは「仁」です。あえて
一言

秦は焚書坑儒までして儒教を否定して法家しそうによる中央集権国家を作った。漢は儒教を国教にした。秦と漢の違いがこの問題を考える鍵なんじゃないかと思います。秦は戦国の国家が攻め合い滅ぼし合ってできた国家なんだけど、その頃の王様ってそれぞれ神話的正当性をもっていたわけ。始皇帝って、そういう王様たちを皆殺しにして皇帝になった。だから、臣民の側からの皇帝の正当性って問題にならなかったと思うんだ。ところが漢って、高祖、劉邦か、って農民の出で元々ヤクザものだった。で、漢で儒教が国教となったのは前漢の混乱期から後漢のはじめ頃なんだけど、その混乱って、結局は劉家の内乱なんだよね。皇帝の正当性みたいなのがちゃんとしときゃ、本家分家みたいなので国はもめない。そいで、儒家思想ってのは徳治主義だから、世の中に並ぶモノがないぐらい徳が高いぞ、って話なら、ヤクザの出の王朝も格好がつく…って思ったんじゃないでしょうか。同じようなことを明の時代にやってます。朱鴻元も農民の出で、明の時代には朱子学が隆盛を極め士大夫文化が花開きました。儒教ってのはありがたいことに、臣民は君主に逆らっちゃイケナイってことになってる。ただし条件があって、君主が人徳的に名君であること。これって三国志なんかでもたびたびネタになるよね、我こそが中原の王!みたいな。漢以降今に至るまで、中国の皇帝というのは名君であることが求められるようになったわけです。異民族が支配するような元とか清とかがなんであんなに栄えたかというと、元は宋の官僚組織をそっくり使った、なにしろ宋の官僚は文人としてすごい人ばかり。清では、モンゴル人は儒教をめちゃくちゃ勉強したってわけ。余談ですが、共産中国の国家元首がその人徳をアピールし出すと、なんかヤバいかも…ってサインなのです。皇帝になりたがってるぞ、っていうか。tweさんの解説にすでにあるとおり儒家の思想は法家の思想に変化していったそうなんですね。どういうことかというと…。孔子のあとに孟子、そのあとに荀子ですよね。荀子の思想は法家に近くなったわけです。で、その弟子たちはこぞって法家に鞍替えしてしまった。その一人が韓非子です。韓非子の書物を秦の始皇帝の政が若いときに読んで感銘を受けたらしく「この人物に会えるなら死んでもいい」とまで言ったらしいですよ。つまりその後の政治体制は法家の思想に則って法律重視になっていったわけです。ただし表面的には儒教思想が重視されたわけです。実際の国家統治は法律重視だけど形式としては儒教というわけです。まあ、本音と建て前みたいな。で、その後、儒教は国教となり科挙試験は儒教の書物から出題されるようになったと。ちなみにこれは内容というより漢字の書体と文法の基準を儒教の書物をスタンダードに定めるという意味合いがあったわけです。それまでは漢字の書体と文法は各学派によって異なっていたわけですが、それを統一する目的があったわけですね。ただ、中国や韓国の文化の中には儒教的なものの見方が浸透していると言われます。中国の場合は道教的な影響もあるようですが韓国は儒教が基本です。高麗時代は仏教が重視されましたが李氏朝鮮時代は政治的には仏教は排斥されました。いわば宗教は政治に関わってはいけないみたいな感じです。今の韓国の国旗は儒教の易経という書物に出てくる太極太陰図のデザインです。一般的には、以下のように説明されます。?秦は中国を武力統一をするために、法治主義の法家思想を必要とした。?漢は中国の統一を安定化させるために、徳治主義の儒教思想を国の支配思想に採用することが有効と考えた。なお法家の法治主義は、漢王朝だけでなく歴代王朝に受け継がれていったことも常識です。というか法治の基礎があって、徳治が成り立つのです。だから「法家思想が衰退した」というのは適切な表現ではありません。逆じゃないの?歴史の流れは法家思想そのもんだよ。儒教思想はそれをごまかすための厚化粧で、アクセサリー以上の意味はないよ。力なんかあるわけないよ?o?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です